無料ブログの難点

また、無料ブログはどうしても
デザインなどが制限されるのですが、
独自ドメインなら好きなだけカスタマイズできます。

【無料ブログ】と【独自ドメイン】は
このような特徴がありますので、

最初の頃は無料ブログ(Seesaaがおすすめ)で数をこなし、
記事の書き方に慣れ、ある程度稼ぎも増えてきたら、

独自ドメインのサイトも作り始め
より強固な媒体にしていくというのが
一番堅いルートです。

また、ほとんどのトップアフィリエイターは、SEOに強いテンプレートを
使っています。

有料ですが、それを使い記事を更新していくだけで、SEO対策が施されていて
使っていないサイトよりも有利です。

おすすめのWordpressのテンプレートはこちらです。
全てのニーズに応えるWordPressテンプレート【FMテンプレート】

 

カテゴリー: 無料ブログ | 無料ブログの難点 はコメントを受け付けていません。

サイトアフィリを始めるにあたって

サイトの作成方法は大きく分けると2つあります。

・無料ブログ
・独自ドメイン

【無料ブログ】

無料ブログは長期的に大きく稼ぐのには向きませんが、
最初からある程度のSEO効果を期待できますので、
何より無料でスタートできますので
始めての方にオススメです。

※SEO:Yahooなどの検索結果で上位表示すること。
 言うまでもなく上位に表示されたほうが
 アクセスされやすいので、稼ぎやすくなる。

そして、無料ブログをやるなら

・Seesaaブログ
・FC2ブログ
・so-netブログ

などの選択肢があります。

超短期決戦(2週間程度)ならSo-netブログ、
1日に5回とか更新できるならFC2ブログが
強かったりしますが、

基本的にはSeesaaブログが安定しているので
とりあえずここを使っておけば間違いありません。

無料ブログでは
アフィリンクが削除されることがあるのですが、
Seesaaならその点もまず大丈夫ですしね。

【独自ドメインを使う】
ワードプレスという無料のサイト作成支援システムを
用いることになるのですが、

無料ブログとは違ってドメインの取得に数百円、
そして月々1,000円ちょっとのサーバ代が掛かってきます。

また、SEO効果も最初のうちは
無料ブログと違い全くありません。

更に言うと、
無料ブログに比べれば初期設定が多少面倒なので
そういう意味でも初心者の方にはお勧めできません。

しかし、2ヶ月、3ヶ月目以降になると
独自ドメインを使ったほうが確実にSEO効果が高くなり、
長期で稼ぎやすくなります。

カテゴリー: サイトアフィリ | サイトアフィリを始めるにあたって はコメントを受け付けていません。

そもそもサイトアフィリって?

読んで字のごとく、
サイトを使ってアフィリエイトを行う手法です。

ブログを作り(ホームページを含む)、
記事をたくさん更新して、アフィリンクや広告を貼ることで
稼ぐやり方ですね。

検索されやすいキーワードを狙って記事を書き、

検索エンジン(YahooやGoogleなど)からアクセスを呼び込んで、

記事を読んでもらった上でアフィリンクにうまく誘導したり
所々にある広告をクリックしてもらったりします。

検索エンジンからユーザを呼びこむのが一般的なサイトアフィリの
基本ではありますが、ツイッターからもアクセスを流す方法もあります。

サイトアフィリの収益を伸ばしやすくなります。

商品とかあるいは芸能ネタなんかで検索すると、
アフィリサイトがたくさん見つかります。

これも「リサーチ」ですね。

リサーチ力を向上させましょう!!

カテゴリー: サイトアフィリ | そもそもサイトアフィリって? はコメントを受け付けていません。

メディアの強化とは

ビジネスを強化する自社メディア戦略

従来のサイト、ホームページ・ブログなど、画像とテキストで情報を配信していましたが、現在では、自社及び個人のメディアすなわち動画での情報配信はサイトにとって必須ともいえる存在になってきました。

サイトに、動画を用意し、商品説明・挨拶・セミナー内容・技術的ポイント・・・など、あらゆるジャンルであらゆる使い方が工夫されています。

実際にパソコンの操作法法を動画にして、配信した場合、文章で伝えるより短時間でもはるかにわかりやすく、皆さんも体験・利用されたと思います。

今後は、動画の作成方法などを、記載してまいりたいと思います。

また、おすすめ動画の紹介もしてまいります。

下記の様に動画をサイトに貼り付けて、サイト内で表示し更に動画を見たい場合、Youtubeの方へジャンプすることもできます。

無料AVサンプル動画をザックザック自分のパソコンにダウンロードする方法

動画まとめサイトも簡単に運営する方法も記載してまいりますね

F1ニュース グランプリ特集

カテゴリー: メディア | メディアの強化とは はコメントを受け付けていません。